競技規則

競技方法

定められた投擲距離の位置より、定められた打ち方で、競技用の手裏剣を素手にて的に向かって投擲し、的の同心円圏内に刺さった位置により得た的中点数で順位を競う。
また、礼式を含む作法や個性、風格等も追加の評価点数として得点に加える。

1 投擲位置

手裏剣を打つ位置は的の正面よリ、男性は6m、女性は5mとし、白線等でマークをする。 また投擲の足位置は、このマークを越えないこと。

2 手裏剣の打ち方

1 作法(礼式を含む)

下記に解説する方法を基本として、競技者は独自の観点で工夫して行う。

  1. 手裏剣6枚を右手に重ねて持ち、投擲位置近くまで歩いて進む。
  2. 審査員に一礼した後、投擲位置まで歩み、その位置で的に向かって一礼する。
  3. 手裏剣を利き手と逆の手に持ち替えて、的にむかつて九字護身法を行う。
  4. 懐中の手裏剣6枚全てを右手で取り出した後、左の手に手裏剣を持ち替える。
    但し、左利きの競技者はそのまま右手に手裏剣を持つ。
  5. 的に向かって、手裏剣を一枚ずつ制限時間内に、利き手で5枚を打ち込む。
  6. 最後の一枚は、敵に対する備えとして打たずに残し、的を敵と仮定して体勢をとる。
  7. 的、審査員の順に一礼し退場する。

2 打ち方

左右どちらかの足を的に向けて立ち、手裏剣を頭の上に構えて下方へ打ち降ろす、立打ちによる本打ち(オーバーハンド)とする。

3 制限時間

出場から退場までを5分間以内、打剣時間は3分以内を目安に行う。

4 順番

競技の順番は審判員が指名する。

採点方法

5打の手裏剣の内、的に的中し突き刺さった、手裏剣位置の得点を合計したものを中点数とし、最高得点は250点、風格、作法、個性等の評価は50点を最高得点として加え、合計300点を総合最高得点数とする。

1 手裏剣の刺さった、的に描かれている五重の同心円の、センタ一円を50点、それより外周の円環を各40点、30点、20点、10点とし、その圏外は0点とする。

2 出場より退場の聞の礼式を含む作法の中で、下記事項の各10点を最高得点として審査し加算する。

  • 立ち居振る舞いの優美性や風格
  • 気合や威力の度合い
  • 武術的動作の正確性
  • 習熟の度合い
  • 個性や独創性

3 手裏剣を打つ前に取り落とした場合は0点とする。

4 的に的中したように見えても、刺さらず落下した場合には得点としない。

5 手裏剣の先端が、的の同心円圏内に跨って的中した場合は、センターに近い方の得点とする。

6 手裏剣は5打を連続して打ち、刺さった手裏剣は抜き取らず、全て打ち終わってから採点する。

7 確実に的中し、刺さった手裏剣が競技中に落下した場合、落下した手裏剣の得点は無効とする。

8 的中し刺さった手裏剣の上に重なって打ったり、確実に刺さった手裏剣が後に打った手裏剣により落下した場合等で、判定に矛盾や疑義、不測の的中が生じた場合は、審判員、審査員が相談して判定し採点する。

表彰

競技の上位者三人と、特別に算すると判定した方には、大会案内等で示される本賞と副賞が与えられる。
(1位の者は、通し番号を付した純金製の手裏剣を本賞とする。)

昨年の表彰者

審判員、審査員の資格

伊賀流忍者博物館で認めた者。

安全対策と注意

  1. 競技者や関係者等は、手裏剣の安全芯取り扱いに充分留意し、自己や他人を傷付けないようにすること。
  2. 競技中には、手裏剣が的より跳ね返り慮外の方向へ飛んだり、誤って的とは異方向に打たれる場合があるため、競技中は、競技者、見学者、関係者等は厳重に注意を怠らないこと。
  3. 競技場所は、競技者と見学者等の間を安全な範囲に離し、可能な限りの安全性を考慮しておくこと。
  4. 競技中は、奇声や誹謗中傷等の不要な掛声を発しないこと。
  5. 競技者、関係者、見学者共に、競技を妨害したり、迷惑な行為を行ったりした場合は、主催者の判断により会場より退去していただくものとする。
このページの先頭へ